ひらたけキャンプ快適派 http://hiratake.net
Home Camp Travel Profile Blog Link BBS Mail
Home>Camp>Campreport>2009>あぶkobi
Campgoods Campreport Babycamp

あぶくまフォレスターズビレッジkobitto

福島県双葉郡浪江町南津島字大久保38
0240(36)2600

http://outdoor.geocities.jp/afv_kobitto/T1.htm


2009年4月18日〜4月19日
晴れ、晴れ

常磐道富岡ICから約1時間。
国道6号線には大きなショッピングセンターがあります。コンビニもキャンプ場付近にはありませんのでご注意ください。
今年の11月まで実施されているオープン特別価格が嬉しいですね。


【設備】
管理棟。
古い住宅を改築されて素敵な管理棟兼住居になりました。
新築のサニタリー棟。 大きくて使いやすいシンクもピカピカです。
サニタリー棟の裏に水洗トイレがあります。 ゴミは分別して捨てるようにしてください。 管理棟の2階には子供たちが遊べるスペースがあります。

【サイト】
広さは100u〜。色んなタイプのサイトがゆったりと点在していて、それぞれのスタイルで自然に親しむことができます。
地面は土や草地。地面が柔いのでペグの効きはやや物足りません。
地中に石が混じっている場合もありますのでご注意ください。
木立もサイトによって色々な表情を見せてくれますので、日当たりなどはサイトによってまちまちです。
何よりも場内に自生している山菜が目と舌を楽しませてくれます。
標高500m。

電車での移動にはコレ。
超軽量でコンパクトなランブリソロ。
SAMさんも超軽量「カンオケ」。
あれ?正しくは何だっけ?(爆)
リビングは「コンニャク」。
あれ?正しくは何だっけ?(爆)


SAMさんとキャンプの約束はしたものの
なかなか場所が決まりませんでした。

決まってたのは
ぼくがリュックを背負って電車で移動して
SAMさんに駅でピックアップしてもらおうというプランのみ(笑)


そこで
SAMさんの提案は
福島県にある「あぶくまフォレスターズビレッジkobitto(こびっと)」という聞き慣れないキャンプ場が
ちょうどオープン初日にあたっていて
オーナーはガルヴィにSAMさんと同じ月に特集されていたし
しかも、福島県まで1000円で行けちゃう
…と言う好条件

決定したのは
キャンプの1週間前でした(^^ゞ





常磐道を使うので
武蔵野線〜つくばエクスプレスを乗り継いで
柏の葉キャンパス駅で待ち合わせ

小さなリュックと大きなトートバッグでキャンプ!

思えば初めての「つくばエクスプレス」でした(^^)v



ふたりともほぼ時間通りに到着
実に無駄が無い(爆)


さあ、何キロ走っても1000円だぞ〜!
常磐道を北上すると、新緑の一歩手前で淡いグリーンの山々がぼくを癒してくれます。
山桜とのグラデーションがとても美しい。
常磐道終点の富岡ICで期待のチェック!
…ん?1400円??
なんで???
ま、安いから良っか!


現地までは少し走ります
「つしま乃茶屋」と言う大きな食事処が目印です

こんなに大きな目印があるとは知りませんでした。
迷うことはありませんね(^_-)-☆
自慢のカツカレーで腹ごしらえ。
サクサクのカツが旨かったですよ〜!
小さな看板が、お店の脇にひっそりと佇んでいました。
きっと気づきません(笑)


ここを左折すればあと1.5kmでキャンプ場です

今日のキャンパーは2組とのことでしたが、ぼくたちが一番乗り!
1番の記念に記念撮影(爆)
この記念撮影を皮切りに、このあと何回記念撮影をしたことか…(^^ゞ
続いてその辺にあった看板を持って記念撮影。 初めてのお客様へのチェックインの説明も記念だいっ!
オープン記念のチロルチョコが配られました。お二人の定額給付金がコレに化けたそうです(@_@) オーナーのランタンコレクションもディスプレイされていました。 手作りで暖かい管理棟でしたよ。


キャンプ場はまだ進化中です
工事中の部分もあります
でも、そんな未完成な雰囲気が妙に落ち着いたりします












良いキャンプ場だね〜
写真を撮りに行くとふたりとも帰って来やしない(爆)
被写体には事欠きません



撮影に満足したら、おやつタイム(笑)

小鳥のさえずり
小川のせせらぎ・・・
のんびりするのが
このキャンプ場の楽しみ方ですね〜


つづく→


Copyright (C) hiratake. All Rights Reserved. since 2001