ひらたけキャンプ快適派 http://hiratake.net
Home Camp Travel Profile Blog Link BBS Mail
Home>Camp>Campreport>2006>大原オートキャンプインそとぼう
Campgoods Campreport Babycamp

大原オートキャンプインそとぼう

千葉県御いすみ市深堀1831
0470(62)8277

http://ooharacamp.web.fc2.com/index.html


2006年8月5日〜8月7日
晴れ、晴れ、晴れ

アクアラインを経由して館山自動車道木更津北ICから約1時間。
国道128号線沿いにはスーパーやホームセンターなど沢山のお店があります。
お風呂はクルマで10分程度の国民年金保養センター「そとぼう」が便利です。
何といってもこのキャンプ場の魅力は海水浴場に歩いて行けるロケーションでしょう


【設備】
管理棟。受付&売店。
・・・手前のロゴスのタープじゃなくて、奥の建物ですよ〜(^^ゞ
笑顔が素敵な管理人ご夫婦が24時間常駐されています。
管理等の正面のスペースに炊事棟やトイレ、シャワーが設置されています。 炊事棟の正面にはくつろぎのスペースがあります。雰囲気抜群。
シャワールーム。海水浴キャンプには必需品。時間帯によっては行列が出来てしまいます。 12のシンクがあります。温水も使えるのが嬉しいですね。 とても清潔なトイレ。虫もいません。手前が男性用。奥が女性用です。

【サイト】
広さは100u。それぞれのサイトは地形を上手く利用した色んな表情を持っており、来るたびに違う印象を持つキャンプ場だと思います。
サイトは芝。草。サイトの区分けには地面にロープが張られています。ペグの刺さりも良く、水捌けも問題ありません。
海辺に見られる虫は多いですが、山間のような化け物のような大きな蛾などはいませんでした。
防風林に遮られていますので風の影響はそれほどではありませんが、海辺ですので風は強めです。でも波の音を聞きながらのキャンプはヒーリング効果抜群で癒されますね。
このキャンプ場は花火禁止です。花火は徒歩30秒(公表値)の海岸で思う存分楽しんでください(^^)v
標高7m。

このキャンプ場から歩いて5分の「大原海水浴場」。こじんまりとしていて、海の家は2軒。来浜者もそれ程多くなく、適当な空き具合で好感が持てます。 海水浴場へ行くには、キャンプ場内のこの小径を奥に進みます。 さらに進みます。草の生い茂った場所もあります。
さらに松林のトンネルを抜けると・・・明るい日差し トンネルの先は砂浜!
・・・と言いたいところですが、目の前には防波堤。その防波堤を超えると遊泳禁止の砂浜が広がります。
この辺りの海岸はサーフ天国。
防波堤の上を右手に進むと、およそ5分で海水浴場です。子連れ、お弁当持ちだと結構疲れます(^^ゞ



今年こそはのどかを海水浴に連れて行こうと決めていたんですが
埼玉県から海水浴に行くのは遠い
日帰りは厳しい
ならばキャンプ場に泊まってゆっくり海水浴を楽しもう
ということで
房総は大原海水浴場に歩いて行ける「大原オートキャンプイン」に予約を入れました

今回は海水浴がメイン
キャンプは手段です(笑)





7時に出発
アクアラインを経由して木更津北ICから房総半島を横断
早く着きすぎたので買出し&ランチ

ランチは勝浦方面に15分程度
「小池(おいけ)食堂」
ボリューム満点のランチがいただけますよ♪


13時チェックイン

控えめな看板がお出迎え
このゲートは朝8時から夜20時まで開いています





設営もそこそこに水着に着替えて
歩いて5分(子供連れだと10分ぐらいかかっちゃうかも)の大原海水浴場へ
のどかの生まれて初めての海水浴はおっかなびっくり
でも、慣れると波による水位の上下が面白いらしく大喜びでした。
やっぱりサンシェードはコールマンですな(笑)
しかし、このサンシェードの多いこと!間違えて他のウチに帰っちゃいそうで怖い(爆)

遊泳は16時までで終了です
キャンプ場に戻ってコインシャワーでさっぱり
6分間200円
のどかと2人で丁度(笑)


今夜は簡単に
すき焼き!
この時期、この辺りでは白菜をどこにも売っていませんでしたので、産直のお店で買った青梗菜入りのすき焼きにしました(^^ゞ
ダッチパン+IP2280は背が高くて、立ったり座ったり忙しい・・・(笑)



初めての海水浴に大興奮で
疲れたのどかが寝たあとは
ぼくのお楽しみ
明日の朝の準備〜(^^)v


久しぶりに引っ張り出した「道具箱」


つづく→


Copyright (C) hiratake. All Rights Reserved. since 2001