ひらたけキャンプ快適派 http://hiratake.net
Home Camp Travel Profile Blog Link BBS Mail
Home>Camp>Campreport>2006>富士すそ野ファミリーキャンプ場
Campgoods Campreport Babycamp

ACN富士すそ野ファミリーキャンプ場

静岡県裾野市須山字大野2653
055(998)1514

http://www.fsfc.net/


2006年10月7日〜10月9日
晴れ、晴れ、晴れ

東名高速裾野ICから10分。
御殿場方面に少し走れば大きなスーパーがあります。
お風呂は場内の家族風呂のほか、歩いて3分程度の温泉「ヘルシーパーク裾野」が便利です。
何といってもこのキャンプ場の魅力は雄大な富士山の勇姿と素晴らしい一面の芝でしょう。


【設備】
管理棟。受付&売店。
こう見えて結構システマチックな受付スタイルでビックリします。
シーソーやブランコなどのシンプルな遊具。一輪車や自転車の無料貸し出しも嬉しいですね。 ゴミステーション。
分別はどこのキャンプ場でも必須です。
トイレ。施設が古いのは仕方ありませんね。靴を脱いでスリッパを履いて使って下さいね。 炊事棟。混雑期以外はお湯が使えるそうです。 予約制の家族風呂。今回は利用しませんでしたが、ジャグジー風呂だということです。

【サイト】
広さは120u以上。
ロープなどの明確な区切りは無く、目印を頼りに設営します。
何といっても、厳しい管理基準をキャンパーにも求められる芝への愛情が、このキャンプ場の最大の売りでしょう。一面の青々とした芝は本当に気持ちいい。出来れば裸足ですごしていただきたい。
→ご覧ください!
ペグの効きも申し分なく、もちろん水捌けも問題ありません。

画像右側の生垣の向こうは人気の「カントリーベアキャンプ場」の管理棟。左側の生垣の向こうは用水路と道路。少しドブ臭いのが気になりました。
標高600m。

今回のサイトは一番富士山から遠い「富士山か一番大きく見えるサイト」でした。確かに雄大な富士山がご覧の通り。 この矢印の延長線上がサイトの区切りです。これは可動式の説明用で、サイトに収まればスタッフのお兄さんが持っていってしまいました。 芝へのダメージを減らすために、焚火のときはご覧のベースを使ってくださいね。もちろん無料貸し出しです。


秋雨前線が台風に刺激されて、前日の夜中まで大荒れの天気
それが
日頃の行いが幸いして(笑)
3日間とも暑い位の最高のお天気となりました


今回のメンバーは
キャンプでは初めてご一緒する「さきぼうさんファミリー」
毎度お世話になります「SAMさんファミリー」との3家族

「woochanファミリー」はお子様の体調不良で直前に不参加となってしまいとても残念でした

今回のキャンプ場は
さきぼうさんに手配していただいた
ACN加盟の広々とした芝生が美しい「富士すそ野ファミリーキャンプ場」
期待していた富士山もクッキリ、ハッキリ、スッキリ!
心ゆくまで癒されてきましたよ〜





10時キャンプ場待ち合わせなので
渋滞を避けるために5時45分出発
さすがに早く到着しすぎて色んな所で時間潰ししました(笑)

ようやくさきぼうさんと合流して受付でチェックイン。
スタッフの長〜い注意事項を拝聴しているときにSAMさんも到着。無事3組同時にチェックインすることが出来ました。
受付はドライブスルー方式。古いキャンプ場ですが、意外とシステマチック。
運転手をクルマに残してチェックインしなければなりません。
今回のサイトは「富士山が一番大きく見えるサイト」の一番奥。
その青々とした芝生の上で、早速、女性ばかり集まって何やら作戦会議(爆)
まだこの時点では、のどかとりさちゃんには微妙な距離があります。これが・・・


野郎どもは
とりあえず設営(笑)
広々としたグループサイトだったので、さきぼうさんとぼくのレクタLを連結。
3家族が余裕で寛げる、広大なリビングの完成です。
ぼくは久しぶりのランブリ。
SAMさんはロゴス。
さきぼうさんもランブリでした。





昼食後
子供たちは思い思いに遊びます
最初は女の子4人で遊んでいたのですが、自然と2組に分かれて遊ぶようになりました
小学生1・2年組の「まきちゃん・さきちゃん」と2・3歳組の「りさちゃん・のどちゃん」に・・・(^_-)-☆



明るいうちに夕食の準備
今夜は「暖かい和食」の晩餐です
日中、とてもお天気が良かったので
日が翳ると放射冷却で急に冷え込みます
そんな夜は暖かい食べ物が恋しくなりますねー
さきぼうさん家は豚汁。大鍋で大量に煮込まれて美味しそう〜。・・・この画像は味付け前ですね(^^ゞ SAMさん家は白菜と豚肉のお鍋。これまた美味しそう〜。 我が家は鍋焼きうどん。ボリューム満点で温まる〜。
ランタンの競演
(左)SAMさんの321B、(右)ぼくの325A。ともにカナダ製の可愛らしいランタンです。
このあと、321Bに悲劇が・・・詳しくはSAMさんのレポで(^_-)-☆
いただきま〜す。
のどかは「今夜は」我が家のテーブルで食事しました・・・(^^)v
あ・・・明るい(^^ゞ


食後はやっぱり焚き火
くるくるマシーンでマシュマロを炙ったり子供たちも楽しそう


のどかとりさちゃん、まるで姉妹のよう(^^)v


日付が変わって
就寝Zzzzz



********************* 番外 ********************

今回のキャンプで楽しみにしていたのが
「木こりのローソク」

SAMさんが披露してくれた、これが「木こりのローソク」
関西のとあるキャンプ場で販売されている逸品です。丸太に十字の切れ込みが入っていて、火をつけるのが勿体無いようなオブジェです。
これは大人の火遊びのおもちゃ。
「あーでもない」「こーでもない」と着火に一喜一憂(^^)
なるほど。「木こりのローソク」の名の由来はこの炎なのですね。
SAMさんは我慢できずに火吹き棒で「ファイアー!」 燃え進むとご覧のようなオブジェに。
・・・美しい。
最後は開いて儚く燃え落ちます。
雰囲気抜群。気に入った。

この画像は心霊写真みたいですねー。


つづく→


Copyright (C) hiratake. All Rights Reserved. since 2001